タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)IPO 上場初値予想

当ブログ上場初値予想10万0500円~10万3000円

参加姿勢:★(軽く)

タカラレーベン・インフラ投資法人(インフラファンド)の特徴
初のインフラファンドが上場ですね。

タカラレーベン・インフラ投資法人は再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象としています。再生可能エネルギー発電設備等のうち、太陽光発電設備等への投資割合は90%以上、それ以外の再生可能エネルギー発電設備等への投資割合は10%以下です。

2016年の税制改正大綱で、インフラ整備を目的とする上場投資ファンドの利益に対する法人税の非課税期間が10年から20年に拡大されました。これによって投資家にもメリットが大きくなり上場するインフラファンドが増えていく予定です。

タカラレーベン・インフラ投資法人のIPO第一印象
初のインフラファンドということで注目度はありそうです。

幹事証券会社
みずほ証券(主幹事)

初値予想
所有している物件はメガソーラ-10件。関東地方に7つ、東北地方2つ、九州地方に1つです。政府の政策で進められた太陽光発電の固定買取制度があるので、現在の買取価格より高い旧固定価決で売電することができます。

利回りは6%前後と高利回りになる予想です。吸収金額が47億円とREITに比べてかなり小さいので、初案件というモノ珍しさだけでいけると予測します!

仮条件の上限10万円の少しうえで初値がつくと予測します。初値予想は10万0500円~10万3000円とします。

ただみずほ証券のネット口座からは申し込めないのですね。支店に電話して参加ですかね。

 

IPO日程
上場予定日:2016/5/12(木)
ブックビルディング期間:2016/5/16~5/20
公募価格決定:2016/5/23

IPO基本情報
市場区分:東証インフラファンド
コード:9281
公募・売出し株式数:公募4万5166株、売出0株=4万5166株
売出(O.A.)2258株
発行済株数:4万7166株(上場時の公募株数含む)
想定価格:10万円(吸収金額:47億4240万円、時価総額:47億1660万円)
仮条件価格:9万6000円~10万円
公募価格:--(吸収金額:--、時価総額:--)
初値:--(時価総額:--)

会社情報
タカラレーベン・インフラ投資法人
設立 2015年8月5日
住所 東京都千代田区大手町1-5-1

執行役員 菊池 正英
経歴
1977年4月 三井信託銀行(株)(現 三井住友信託銀行(株))
2000年7月 中央三井信託銀行(株)(現 三井住友信託銀行(株)) 八千代支店長
2002年5月 同社 大阪支店営業第1部長
2003年6月 (株)タカラレーベン出向 事業推進部長
2005年6月 同社転籍 統括部長
2008年3月 同社 内部監査室長
2014年3月 タカラアセットマネジメント(株) 代表取締役社長
2014年10月 タカラアセットマネジメント(株)へ転籍 代表取締役社長(現任)
2015年8月 タカラレーペン・インフラ投資法人 執行役員(現任)

監査法人 太陽

管理会社 タカラアセットマネジメント株式会社
代表取締役社長 菊池 正英

 

★↓↓IPO株って何? IPO株って儲かるの??↓↓★
IPOとは?|IPO株の当選確率を上げて利益を得るには?

 

★↓↓僕はこうやってIPO資金を貯めています!:サバイブ(姉妹サイト)★
家計を節約してIPO資金を貯める方法

 

■↓他の銘柄の初値予想
IPOスケジュール一覧 IPO初値予想